虚偽の申告でカードローン審査は通らない?

どうしてもキャッシングをしたいからといって、申し込みの際に虚偽の申告をしてしまうことはNGです。
たとえ虚偽の申告をしても、業者側にはすぐにバレてしまいカードローン審査が通らないという状況になってしまいます。
たとえば、年収を上乗せして記入したり、勤務先を大手企業にしたり、現在の借入件数や借入金額を少なくしたり、少しくらいならどうせバレることは無いだろうと思っていても、業者は信用情報機関への照会や、勤務先への在籍確認などできちんとチェックをしますので虚偽の申告をしてもまったく意味がありません。
本当のことを書いていれば審査に通過したのに、虚偽の申告をしたためにカードローン審査が通らないというケースもあるのです。
カードローンは即日融資?すぐ借りたい方必見!【当日振り込みは可能?】